« 感受性が高いと思われる食べ物を食べるのは避けましょう | トップページ | ビジネス日本語を学ぶのは難しいですか? 正しい学習方法であれば、... »

2021年2月 8日 (月)

夏こそ『保湿』が大切!美しい肌を保つための“夏のスキンケア方法”

肌への刺激が多い夏の季節

夏は、海や山、バーベキューにキャンプなど野外でのレジャーが盛りだくさんの季節。でもお肌にとっては、強い紫外線や冷房環境の温度差など、ダメージを受けやすい季節でもあります。そんな夏のお肌のトラブルを回避するには、正しいスキンケアを知ることが大切です。

紫外線対策はバッチリとしていると思いますが、それと同じくらい大切なのが「保湿」です。夏は冬ほど乾燥を感じにくいため、ついつい保湿ケアがおろそかになってしまいがち・・・。

そんな強い紫外線や空調の影響で乾燥しやすくなっているお肌を、しっかり保湿する方法をご紹介していきます!

正しい夏のスキンケア方法

1. 洗い過ぎに注意!

洗顔をして顔の汚れや雑菌を洗い流すことは大切ですが、必要以上に洗顔をしてしまうと肌を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまいます。適度な皮脂を保つためにも、基本的には朝と夜の1日2回が肌にとって望ましい洗顔回数と言われています。

~正しい洗顔方法~

1.石鹸をつける前に、ぬるま湯でまず顔を塗らして事前に予洗いをしましょう。

2.石鹸をしっかりと泡立てます。

3.洗顔時、手と顔で肌に摩擦が起こらないように「泡」でやさしく洗います。

呢支鑽石級抗衰老精華推薦得畀大家,就係因為佢夠天然,唔洗驚搽咗啲化學嘢上面,佢嘅長葉車前草幹細胞萃取可以提升肌膚緊緻度同減淡衰老引致嘅色斑,嫩膚生物幹細胞萃取就有效減淡細紋,而白茅萃取就可以提升肌膚嘅水分。精華 推薦

要化出「偽素顏」妝,我們一般都隻會用自然透薄嘅保濕粉底、眉筆和唇膏,摒棄sharp醒嘅眼影同胭脂,越簡單越好!Chantecaille保濕粉底呢款產品就完全符合「偽素顏」妝嘅要求!

4.皮脂の分泌が多い、眉間や鼻、頬はクルクルと泡で円を描くように洗います。

5.汚れや皮脂が落ちやすい32~35度ほどのぬるま湯で洗い流しましょう。

2. デイリーケアに美白化粧水を

一年を通して、同じ化粧水を使い続けている人も多いのではないでしょうか?化粧水の使い分けはすこし面倒に感じますが、季節に応じて化粧水を使い分けてあげると◎。夏は美白化粧水がオススメです。

紫外線を浴びることでメラニン色素が生成され、シミやそばかすなどを生み出す原因になりますが、美白化粧水はメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを未然に防ぐ成分が配合されています。

さらに美白化粧水は、日焼けしてメラニンが活性化してしまった肌のアフターケアにも最適なため、美白化粧水は夏の肌の強い味方です。

また、化粧水の効果を引き出すためにも、細部まで肌にムラなく化粧水を浸透させることができる「コットン」を使うことをオススメします。ただし、コットンは強く力を入れてしまうと、摩擦が起きて肌への刺激になるので優しく扱ってください。こちらの無漂白のオーガニックコットンは肌に優しく、デリケートな目元や口元などのポイントメーク落としにもオススメです。

正しい化粧水の使い方

1.500円玉大ほどでコットンが透ける量の化粧水をコットンに染み込ませます。

2.次に顔の中心から外側に向かって優しくパッティングします。

3.目の周り→額→鼻筋→口周り→フェイスラインの順に化粧水をつけます。

4.最後に手を使い顔全体を包み込むように化粧水をなじませます。

3. 外出先でもこまめな保湿を心がける

朝、しっかりと保湿したのに外出中に肌のツッパリや乾燥を感じることありませんか?夏場は日差しが強く、長時間太陽の下にいるだけで肌の水分が奪われてしまいお肌が乾燥してしまうことも。そんな時は、出先でも手軽に使えるミストタイプの化粧水で保湿してあげると良いでしょう。

肌を守るオイル層と、乾燥によるうるおいを与える保湿層の両方の成分を含んだミストタイプの化粧水なら、夏場の外出時でも日差しや乾燥から肌を守ることができます。

顔の皮脂や汗をティッシュで軽くオフしてから、メイクの上から顔全体にシュッと吹きかけます。夏場は皮脂や汗でメイクがヨレてしまったり、乾燥がメイク崩れの原因になったりするので、このようにメイク直し時に肌に潤いを与えることで、その後のメイクの持ちに違いが出てきます。

4. 乳液での保湿ケアも忘れずに

乳液や保湿クリームを塗ることで肌がべたっとしてしまう事を嫌い、夏のスキンケアは“化粧水だけ”なんて方は要注意!せっかく化粧水で潤いを与えても、乳液やクリームで「ふた」をしてあげないと、お肌はどんどん乾燥してしまいます。

夏でも乳液は必要ですが、塗り過ぎは油分過多でニキビの原因になってしまうことも。春から夏の季節は「全体に薄く」を意識して塗ると良いでしょう。保湿をしているのに肌トラブルを起こしてしまっては意味がないので、夏の正しい乳液の使い方を知っておくことが大切です。

正しい乳液の使い方

所謂「偽素顏」妝,顧名思義就係化咗好似冇化妝咁,畀人一種天生麗質嘅感覺。要化出「偽素顏」妝,我們一般都只會用自然透薄嘅保濕粉底

~薄く顔全体に馴染ませるのがポイント~

1.乳液を手のひらに取ります。

2.手のひらに乗せた乳液を両手で人肌ほどに温めます。温めることで肌により浸透しやすくなります。

3.広い部分は手のひらで、凹凸のある細かな目の周り鼻、口の周りは指先を使ってやさしく伸ばします。

4.化粧水同様に、最後に両手を使い顔全体を包み込むようにハンドプレスで乳液をなじませます。

夏の乳液が苦手な人は、さっぱりとしたつけ心地の乳液を使うと良いでしょう。さっと肌に溶け込む、みずみずしい乳液はベタつきが苦手な人にオススメです。

正しいスキンケアで、夏に負けないお肌を!

夏のスキンケア方法をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。忘れられてしまいがちな「保湿」をしっかりと意識した、効果的なスキンケアを取り入れて、楽しいイベントが盛りだくさんのこれからの季節を楽しみましょう♪

« 感受性が高いと思われる食べ物を食べるのは避けましょう | トップページ | ビジネス日本語を学ぶのは難しいですか? 正しい学習方法であれば、... »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感受性が高いと思われる食べ物を食べるのは避けましょう | トップページ | ビジネス日本語を学ぶのは難しいですか? 正しい学習方法であれば、... »